運命の氣が“見える”方法 断三感(だんさんかん)の法(1)

「きゃあああ!たすけて!」

逃げる場所がない恐怖。足はバタつき、宙を泳ぎ、苦しみもがいて助けを求める。
しかし誰も助けてはくれない。ガバッと飛び起きる。

「ここはどこ???」
ハッ、とする。背中には気持ち悪い汗がビッショリ。心臓のドキドキがおさまらない。

・・・

「ゆ、夢だった。怖かった…」

しかし、そのまま眠れなくなる人も多いのです。そうやって不眠症になる人もいます。
目が覚めているのに不安感が消えないのです…。


人は誰でも悪夢を見ます。「夜が来るのが怖い」といって嘆く人も。眠るのが怖いのです。

リラックスするはずの睡眠が恐怖の時間に。

このような嫌な経験は誰にでもあります。なぜなら、人はかならず不安を抱えているから。人は誰も不安を抱えながら生きているのです。

なぜそうなのか。不安になる原因があるからです。今まさにそのようにして不安に押しつぶされそうになり苦しんでいる人がいるかもしれません。

では、人はどのようにすれば得体の知れない不安や恐怖から救われるのでしょう。

不安を解消する

人が「幸福になった」「開運できた」と喜びを感じるのはどのようなときでしょうか。

幸福になった、開運できたと感じるのは、実はその人が抱えている不安がスーッと解消されたとき。不安が消えたとき、人は喜びや幸福を感じるのです。

恐ろしい悪夢の原因となるような、その人が抱えている不安がやわらぐとき、あるいは完全に解消されたとき、不安を抱えて生きている多くの現代人にそのような喜びは訪れるのでしょうか。

不安が解消できない人

不安を解消するには、まずはその原因を見つけだすことが肝心です。しかし、それ自体が難しいのです。なぜなら不安の原因について、自分で気づくことができないケースがあるから。

それはたとえば悪夢となって夢にあらわれたとき、初めて「見えてくる」類の根深い原因。それまではなかなか自覚することができません。

本人にも見えないのです。だから不安の本当の原因については特定されにくく、何度でも不安と悪夢は繰り返され、長く解消されないのです。

そして不安の本当の原因が分からなければ、解決法は見つからないという悪循環。不安を抱えている人が救われる方法はないのでしょうか?

「目を閉じるだけ」で不安解消?

「“目を閉じる”開運法」でストレスや不安を解消する

不幸な人。それは、「不安が解消できない」という人です。今の世の中は、不安の原因となるストレスが数多くあり、幸福感を感じられなかったり自分を不運だと思っている人が多いのです。

そうした数多いストレスのなかから、自分を本当の不安に陥れている「原因」は何であるのか。

簡単なやり方で見つけ出し解消していく方法があります。
さっそく自分でチェックしてみましょう。

不安解消チェック

ページトップへ

運命の氣が“見える”方法【断三感の法】(1)