氣とは何ですか?

「迷信だ」「オカルトだ」といまだ多くの人が氣の話を嫌う。しかし実際、人は氣を感じながら生きている。氣とは何か。氣が弱まると形あるものは崩壊し、氣の流れが悪くなると生命は腐敗し、人の運命は歪みはじめる。

氣とは何ですか?
たとえば長く病気で悩んでいる人は不幸です。なぜなら、薬代や病院代が多くかかるからです。そのため、経済的にも苦しむことになります。
ストレスもたまるでしょうし、イライラして、その人は人間関係が悪くなるかもしれません。そしてそのような悩みがまた、病気に悪影響をおよぼし治りが悪くなってしまうのです。

さて、この話はほかでもありません、難病で失明した、氣の治療家である池田弘光院長自身がかつて苦しんだことなのです。「もし私がこの道に進んでいなければと思うとゾッとする」と本人が語っています。

ここに挙げた「病気」「貧困」「人間関係」という3つの問題ですが、今、多くの人が同じ悩みを抱えていると思います。

  • 病気
  • 貧困
  • 人間関係

ところで3つはそれぞれ別の悩みに見えますが、互いのマイナス要素が苦しみを増幅している。

このようにして運命は崩壊へと進むのですが、その崩壊を防ぐものがあります。

それが氣です。

氣はすべての崩壊を防ぐ

自然界には法則があります。時間が経つと、

←消える
←蒸発する
←崩れる
←死ぬ

物質は常に、消え、形を失くし、散らばる方向へ動いているという法則です(エントロピー増大の法則)。

たとえば人は死ぬと腐敗がはじまります。腐敗は人の体(形質)の崩壊です。それは細胞が死んで壊れ、散らばっていくことです。

人のそうした運命もそうですが、「自然」自身もまたこの法則から逃れることはできません。あの美しい山や近所を流れる小川も同じなのです。

山は、雨によって削られます。川の水は、常に蒸発しているのです。窓辺に置かれた美しい植物は枯れ、人の死と同じように、細胞が壊れ、土になります。

暗い夜空に輝く幾千万の星々も、100万年か、1億年後には、大爆発を起こして漆黒の宇宙に散らばっていきます。

細胞のミクロ世界から宇宙のマクロ世界にいたるまで、これらは宇宙をどこへ旅しても変わらぬ永遠の根本原理なのです。

人と自然、宇宙が尊いのは、このように“消える運命”が定められているからです。死があるものは尊い。

氣が物質を生命にする

物質は崩壊し、生命は死ぬ。しかし崩壊し消えるからといって、人も宇宙も現に今個々に存在しています。

お分かりでしょうか。つまり、
人、自然、宇宙、その存在を、存在たらしめているもの。それが「氣」です。

氣とは何か。氣とは、「存在しようとする力」といってよいかもしれません。

山が山であり続けること。川が川であり続けること。人が人であり続けること。
つまり死なないようにしている力が氣です。散らばらないように引き止めている力が氣。

ページトップへ

【初めての方へ】Q.「氣」とは何ですか?