池田弘光プロフィル

「この人にかかるとなぜか治りが早い」

【経歴】

  • 失明したため、47歳で大阪市立盲学校入学(昭和60年)。
    卒業時に鍼灸師国家資格取得。
    翌々年、「池田針灸治療院ハピネス関目」開院。

従来の針灸治療とは異なる古典漢方治療に注目。
氣の流れより治療する驚異の“刺さない鍼治療家”として知られようになる。
「どこに行っても治らない人が訪れる」と地元の新聞、雑誌に取り上げられる。

掲載紙「関西じつわ」関西の名医、治療家を紹介するページ【記事タイトル】刺さない鍼-自然治癒力に「気」を与え元気モリモリ

掲載紙「週刊実話」名医が語る健康特集【記事タイトル】抜け毛、つまずき、息切れ-老化現象ではなかった!?怖い「五臓六腑」の金属疲労


【失明以前】

介護士だった頃(左端が本人)。この当時から不思議な手技を高く評価されていた。

子供の頃から視力が弱かったものの、
失明するまでは特別養護老人ホームに勤務。

介護士として高齢者の機能回復リハビリにあたる。

勤務当時より「この人にかかるとなぜか治りが早い」その不思議な手技を高齢者から高く評価されていた

「視力が弱かった分、若い頃から氣の流れが指先で読めていたのかも」(本人談)

40代になると深刻な目の異常を覚え、精密検査の結果、難病の「網膜色素変性症」と診断。
進行性で治療法がないことを医師に告げられる。

氣学の専門家としても名前が売れはじめるが…

44歳。老人ホーム退職。
「失明してもできる仕事はあると引き止められましたが、迷惑をかけると思い決めた」

池田弘光

その後、人気番組『11PM』等で芸能人を占っていた氣学の大家村田喜八郎氏に偶然出会い、師事。

墓相、姓名判断、九星術を学び、関西各地でプロ占術師として活動をおこない名前が売れはじめる。

しかし、いよいよ完全に目が見えなくなり、日常生活にも支障をきたすようになり盲学校へ。卒業後、開業し現在に至る。

ページトップへ

池田弘光プロフィル【金の実践開運 氣のいけだ】