不幸な人と幸福な人、その違いとは?運命を握る“氣”を知る

「あなたに会えて良かった…」

「お母さん。あなたの子供に生まれて良かった」

「社長。ありがとうございます。あなたの下で働けて幸せでした」

「先生。もう一度あなたに教わりたいです」

「あなたのこと、一生忘れません」

「あなたに会えて良かった…」といわれる人がいます。

幸福とは何か。幸福とは、そのようなものでしょう。
幸福とは、「あなたに会えて良かった…」といわれる人になることです。

人は病をえて、貧しさに苦しみ、人間関係に疲れ果ててしまうことがあります。けれども、そこから立ち直るのも、生きていく人にあたえられた運命というもの。

そのように、立ち直る姿がそこにあることを「開運」といいます。
苦しみから立ち直ること。それが開運です。

私は40代半ばで難病によって失明しました。しかし、私は開運体験の生き証人といえるかもしれません。失明から開運の道がはじまったからです。

人の運命を、幸福へと導いてくれる氣と開運。もしよろしければ少しお時間をいただき、氣と人が歩む運命の道についてお話しさせていただきます。

監修/氣の治療家 池田弘光 (談)

私は「氣」に運命を救われました。
陰宅風水で“生まれ直す” 陰宅風水で“生まれ直す” Q&A
無料メールマガジン
開運に興味のある方へ。良き人を導く新しい開運の道案内、新しい氣で救われる開運ヘの道《手紙》を読んでみませんか?
メールアドレス(必須)

ページトップへ